お問い合わせ
お薬の使い方

 

お薬は、お食事と密接な関係にあり、その吸収を速めたり、遅めたりまた胆汁や様々な内分泌物質と関わるため、お薬を効果的に服用するためにはお食事とのタイミングが重要な要素になります。

お薬を服用する場合は、十分な“お水”か“ぬるま湯”と一緒に服用して下さい。
お茶やジュース、牛乳との同時摂取は医薬品の作用と特性上危険な場合もあります。

お薬によっては噛み砕いて服用したり舌の下で溶かして服用する薬もありますので
必ず医師や薬剤師の指示に従って服用して下さい。

 
How to use medicine
   
 
朝、目が覚めてすぐに服用して下さい。
例として、睡眠後の空腹時にお薬の作用を高める薬物療法を用いる場合。
 
食事を取る30分前に服用してください。
例として、胃の中に何もないときのほうが良く吸収される薬や、吐き気を抑える薬胃腸の働きを良くする薬など。
       
 
おはしを持つ前に服用してください。 例として、糖尿病薬の中で、お食事の摂取を逆に抑制するお薬は、胃粘膜などに 付着し栄養を摂取しにくくしいています。
 
お食事をしてからおよそ30分後に服用してください。例として、脂溶性ビタミン類のA・K・Eや一部の非ステロイド抗炎症剤は食後服用しなければ消化管からほとんど吸収されず、本来の効果が期待できません。
       
 


お食事と次のお食事の間をいいます。概に食事後2時間程度です。例として、空腹時のほうが良い薬や胃の粘膜を保護する薬などがあります
 


寝る30分くらい前に服用して下さい。例として、咳を抑えたり胃酸の分泌を抑える薬、睡眠薬、便秘薬などがあります。
       
 


服用の状態を病状の感覚や体温の状態で服用する場合をいいます。例として、鎮痛剤などその症状がでた場合に服用します。
 


患部に軟膏等を塗布します。この場合、手を清潔にしてから適量を塗布してください。
       
 

肛門に押し入れるお薬です。
手を消毒してから包装をとって坐薬の根元をつまんで先のとがったほうを水で湿らせ横になった状態やしゃがんで肛門の中に十分に押し込んでください。
   
       
       
       
       
ページトップへ

HOME | 会社案内 | 店舗案内 | 求人情報 | ブログ | お役立ち情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー